混浴貸切温泉〜快楽秘湯表編

【夫婦家族一緒に 混浴貸切温泉情報】

甲府温泉 甲府ホテル
レポート 更新状況

薩摩硫黄島の観光の目玉といえば、この東温泉。南国の島らしい海の景色を目の前に、エメラルドグリーンに輝く湯を湛える岸壁に穿たれた湯船。この絵になる光景を写真で見たら、興味を引かれない温泉好きもいないだろうと思われる。

硫黄島港周辺に固まってある集落とは反対側、島の北側の海岸沿いにあるのが坂本温泉。干潮の前後数時間しか入浴ができないため、時期によっては一日二度ある干潮時間が早朝と夜なんてこともあり、短い滞在時間中に入浴できない事態も考えられる。潮位表のチェックをしてから計画を。

和気清麻呂が流罪となっていたのが大隅国(鹿児島県)。和気湯の横には和気公が腰掛けたといわれる腰掛け石があり、和気公もこの和気湯に入ったであろうと言い伝えられているそうだ。

霧島硫黄谷温泉へ向かう手前、路肩が広くなっている場所が有り、自然探勝路入口の標柱が立っている。そこから自然探勝路を1分ほど進んだ所にあるのが、霧島最古の岩風呂と言われる野湯、目の湯。

「木の花」は8室全てが貸切の日帰り入浴施設。内4室が露天風呂付き、1室が昇降機付きのバリアフリーとなっている。日当山温泉にあっては逆に珍しい長屋タイプじゃない家族湯専門施設で、タイのリゾートをイメージした意匠で他と差別化を図っている。

「家族温泉 いやしの湯 山翠」は、全室が離れ風で露天風呂付きの日帰り家族風呂。全部で21ある部屋は、露天風呂の数や広さに違いはあるが、全て休憩室が付いた個室風呂となっている。施設もまだ比較的新しい。

カップル・夫婦・家族で楽しむ秘湯情報

楽しみにしていた湯めぐり旅、癒しの秘湯宿。でも旅行の一番の目的である筈の温泉で、家族・パートナーと別れ別れなんて味気ないですね。せっかくの旅行で期待してた秘湯も面白さ半減…。子供だって大きなお風呂でみんな一緒の方が楽しいに決まってます。どんなに素晴らしい秘湯でも家族と離れ一人寂しく浸かる湯などつまりません。でも混浴または貸切温泉なら大丈夫。

混浴はちょっと…という方にも、最近の混浴を持つ宿では女性が入浴し易い配慮が行き届いており安心です。近年の混浴ではワニなる迷惑者が話題でいかがわしい印象もあるかもしれませんが、多くはファミリーでも楽しめる混浴です。バスタオル巻きや湯着着用OKの混浴も増えています。まるでアトラクションのように家族で遊べる混浴もあります。

あるいは、混浴じゃなくても豪華な貸切露天風呂を持つ宿も増えているので、大きな露天風呂を貸切できる贅沢も今や身近に。かつての小さくて狭い家族風呂のイメージは、今の貸切温泉には当て嵌りません。日帰りでも貸切風呂を利用できる施設も増えたので、宿泊でも日帰りでも様々なスタイルで貸切湯を楽しむことができます。

絶景の露天風呂や源泉かけ流しの湯、歴史ロマンの老舗旅館、鄙びの秘湯も、混浴や貸切湯で夫婦・家族の思い出を共有しましょう。

このサイトでは、全国にある混浴・貸切の温泉施設データ、個室露天風呂や日帰り利用可の貸切湯、混浴の山岳温泉などを抽出した目的別INDEX、日帰り温泉を中心に入浴した混浴貸切温泉レポート、クチコミ情報や混浴体験談など、カップルや家族で楽しめる秘湯探しを支援します。